RSSとは

RSS とは、日付と1行のヘッドラインからなる、ニュース、日記、メールなどサイトの概略を表現する規格で、ブログサービスなどではほぼ標準装備されています。(装備されてないブログサービスもあります)

RSSリーダーを使うと、RSSに対応したサイトをメールと同じように既読、未読の管理はもちろん、フォルダ分けやキーワード分類などのさまざまな機能を使って読むことができます。

ブラウザ上で「Syndicate this site (XML)」のようなテキストリンクや、rb_xml.gifこんなちっこいバナーを使ってRSSへのリンクを表示してあります。

しかしRSSはブラウザで見ても意味不明の画面しか出てきません。
これらを読むにはRSSリーダーを使います。
クリックするとズラズラと意味不明の文字列が表示されますが、気にせずにURLをRSSリーダーに登録すればOK。

RSSリーダーには単独ソフトとして動くもの、ブラウザのプラグインとして動くもの、ブラウザ上で直接見れるものなど様々なものが存在しています。
RSS にはいくつかの種類があるようです。(RSS1.0/RSS2.0/RDF/XML など)
ほとんどのRSSリーダーは複数の規格に対応しています。